バーバーリーのアイカラーが便利!

このブログ、まだ数記事しか書いてないのに意外と人気みたいなの。
目立つのかしらね、この口調。

でも、気にせず続けるわ。

今日紹介するのは、ペンシル型のバーバリーのアイカラー。
バーバリーって、あのバーバーリーチェックとも言われているマフラーで有名な、イギリスのファッションブランドよ。

バーバリー アイカラーコントゥア

メイクも出してるのよ。
バーバーリービューティボックス。

ご存知ないかもしれないけれど、なかなかセクシーなブランドなの。
シャネルやプラダとかのハイブランド系の私は何が1番好きかって、何と言ってもそのパッケージなの。

騒ぎすぎず、安っぽいことはなくて洗練されたフォルムとデザイン。
少ない色合いと絶妙なデザインのバランスは、やっぱり廃れることのないハイブランドのセンスは絶対的なものがあるわ。

でも、プチプラにはプチプラの可愛さや騒々しさがあって、いいと思うの。要は使い分けの話。思い切り、流行りを楽しみたかったり騒ぎたい時にはプチプラだって楽しむわ。自由なの。

バーバリーのコスメラインは、パッケージにはモダンはあのチェック柄とBURBERRYの文字が刻印されているの。基本はモノトーンのシックなものよ。

とにかく、ハイブランドはこの洗練された容器が素敵よね。
パウダーにハートが描かれていたりと、コンパクトを開けた時、美しい鏡にうつった自分にうっとりするなんて、美ヂカラ上げてくれると思わなくて?

自分が自分に酔わなくて、誰がその美しさを見つけてくれるのかしら?
寂しいこと言ってるんじゃないわよ、自分で自分を認められなくて、誰が愛してくれるのかっていってるの。

自分の頑張りは自分が一番良く知っているのだから、褒めてあげないと、そのうち自分に愛想つかされるわよ?

…失礼、またいつものお説教モードになってしまったわ。
とにかく、女子は自分で自分の美しさを見つけていくの。醜さと一緒にね。

いいじゃない。
醜さは、セクシーで可愛いのよ。
否定しなくてもいいの。

話を戻すわ。
今使っているのが、このバーバーリーから出ているアイカラーコントゥア。

私はパール系のブラウンを使っているわ。
ペンタイプだから持ち運びに便利なの。

使用感は、リピ確ではないのだけれど、まあまあ気に入っててよ。
普通に、崩れにくくて長持ちするわ。

バーバリーコレクションのランウェイに盈虚湯を受けて作られたって所も気に入っているの。洒落てると思わなくて?

コスメって、意外とかさばったりするわよね。
私はそこ、割とシンプルにいきたいと思っているわ。家にはキレイなメイクボックスがあるのだけれど、持ち運ぶアイテムは必要最低限で。ポーチが散らかっているのも、美しくなくてよ。私の美学に反するの。