いろんな意味で新しい化粧品ブランドのお試しセット

最近は、もっぱらポケモンGoの話題で色々騒がれています。ポケモンずかん揃えるとか、どこどこで…とかがSNSでも話題になっていますが、個人的にはそのうち廃れるだろうなという感じはあります。

というか、もといってしまうと、個人的にはポケモンGoよりもメイクや美容のことに興味があるという感じです。The ナルシストなんで。

今日は、アミンというところのアミントコスメセットを紹介します。

あまりメジャーじゃないブランドではないし、扱っているアイテムも少ないのですが、いろいろな意味でこれまでの固定概念を覆してくれました。

アミントコスメセット

クレンジング、ソープ、ローション、クリームの4アイテムが入っています。アミントブランドのお試しセットという感じです。

この4つの使い方としては、まずダブル洗顔でお化粧を取って肌をキレイにします。ここまででもツッパリ感がなくしっとりとした洗い上がりです。そして、その後に肌状態を整えるという使い方です。

化粧水ははビタミンCがナノ化されていて、むくみもとってくれるという口コミもありました。

クリームには形状記憶成分が含まれているのでシワが気になっている人にもオススメなのかもしれません。

内容成分と肌のお手入れに最適なところだけがすごいのではなく、なんとなく小顔になれるという噂もあるところです。

少し気になるところ

ただ、このアミントという会社は、ネットワークビジネスみたいなのです。

すべてが悪いというわけではないし、商品にはいいなと思えるものもあるのですが、やっぱりしつこく勧誘された経験があると、その部分は「ちょっと…」と思ってしまいます。

製品がいいのは分かったけど、とりあえず帰りたい…みたいな。人は好きでも、勧誘されるのが面倒で避けてしまうなんてこともあります。

うーん、この辺りは難しいです。
人によるのだとも思ったりします。
※あ、これはアミントの批判とかではないのであしからず…。

さっき、「むくみが…」という口コミも書きましたが、パンパンに晴れている顔の人は、そういう意味でいいのかもしれません。これはかなり画期的ですよね。

というか、最近の小顔需要は女子だけでなく男子にもあるのですね。ちょっと前までは「小顔」願望は、安室ちゃんに始まって女子の憧れだったのに、今では男子でも「小顔に見える髪型」なんて特集やバナー広告があってびっくりです。何かと、男女の差がなくなってくる時代なのでしょうか。

 

 

最近の押しニキビケアはコレ!もう少しで値上がりぽい

顔にひとつでもポツッとできると気になってしまうニキビ。

普段はできなくても、生理前になると2−3個できてしまったり、触ると痛い真っ赤に赤く腫れ上がったニキビが出来てしまう…という人も多いと思います。

食べ物やスキンケア、毎日の食生活なんかに気をつけていても、生理前はホルモンの関係でどうしてもできやすくなってしまう、ということもありますよね。

今日は、そんなニキビケアアイテムを紹介します。実際の成分や口コミなんかを交えながら紹介していくので、コレ!というのがあったら試してみるのもひとつの手です。

悩んでいるだけでは始まらないので、いいのが見つかるといいですよね。

うる落ち水クレンジング

うる落ち水クレンジングで、バッチリメイクもしっかり落とせます。濡らす前の肌に、素手またはコットンにたっぷりむくませて優しく撫でるように落とします。

水クレンジングは、さらさらな肌触りで、オイルやリキッドみたいにべたつきません。メイクにもなじみ、メイクした目元や口元、ウォータープルーフもマスカラやアイシャドウも力を入れずに落とすことが出来ます。

しかも、ダブル洗顔不要なので、スキンケアも楽です。

もともとニキビ肌だった人が、このうる落ちクレンジングに代えてからよくあんって、乾燥しがちだったのが改善したとのクチコミもあります。

オイルだと、たくさんの油分がトレて逆に乾燥してしまうこともありますが、水クレンジングはメイクだけをとる感じがします。さっぱりだけど、しっとりした肌触りになります。

エクラシャルム

去年?発売された、いま人気のニキビケアアイテムです。
思春期ニキビから大人ニキビまでに対応していて、いろんな成分が無添加というのも個人的には気に入っています。

やっぱり、どんなスキンケアアイテムや化粧品を使うにしても成分が良くなければ話になりません。

エクラシャルムは無添加で、かつ医薬部外品なのが安心です。
無添加といっても、最近はよく分からない無添加もたくさんあるのですが、エクラシャルムは鉱物油、着色料、パラベン、合成香料、アルコールを使っていません。

あと、値段がかなり安いのが気に入っています。

というか、モノにこだわっているせいなのか、単品だとめちゃ高いです。9800円とかちょっと気軽にお試しできない値段なのですが、毎月300人だけは90%オフの980円になっています。

なんでも、この値段はもう少しで終わってしまうこともあるみたいなので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

インナーシグナルの化粧水と、この夏の予定を。

化粧水、乳液、洗顔、クレンジングなんかの基本的なアイテムは、とにかく色んな物を試してきました。

これまでもそうですが、基本的に紹介しているのはけっこう満足しているものだけです。

インナーシグナルのリジュブネイトローション

これ、案外マイナーブランドです。

でも、だからか知らないですが、百貨店に入っているブランドなのに高価すぎず、製薬メーカーが作っているので信頼できます。

このローションは120mlで5000円。
赤いキャップとシンプルなデザインに高級感があって、けっこう容器も好きです。シャットしたシャープな感じです。

香りや使用感

香りもキツすぎず癒されます。乾燥やかゆみなどトラブルもありません。これって一見、地味なことかもですが、長期でトラブルがないというのは大切なことではないでしょうか。

最初はよくても、使っていたらだんだんと肌に合わなくなってきたとか、何らかのトラブルが出てきてしまったとか、そういうことって割とありがちだからです。

よく言われることですが、同じシリーズで使うと美白も期待できるそうです。そのことを行っていた人は、年齢や出産経験がある割にシミが目立たない気がします。

ターゲットは年上なんだけど…

というか、このブランド自体は熟年層をターゲットにしてるっぽいですが、すっきりした使い心地なので若年層でも全然大丈夫です。

でも、意外と知名度が低いのが残念です。が、だからこそのこの値段なのかもしれません。

幅広い年齢層の女優さんを起用してPRするとさらに売れる商品なのかな?って感じですが、売れたら値段があがるかもしれないので、今の感じの知名度で十分なのかもしれません。

ボトムライン;所感

まとめにはなっていないんですが、今日は実は海の日です。
今年は10年ぶりくらいに水着買いました…。外に出ない感が半端ないのがバレてしまいますが、かなり可愛い水着なので楽しみです(まだ届いていない)。

めちゃ可愛いのに、海とか大型プールの予定はなく、地元のプールに彼と行こうかなと思っています。

ただ、コレだとちょと地味すぎる気もするので、景色がよくて日陰が涼しい川原で、静かに少人数でバーベキューなんかは行きたいなと思っています。

でも、バーベキューとかって日焼けが気になりすぎます。
これまでかなりインドア派だったので余計ですが、全身にぬりたくるのも気が引けてしまうし…。ここは、悩みどころかもしれません。

梅雨明けしたのかもよくわからないんですが、楽しい夏になりそうです。

トワニーUVサンプロテクターt、コスパよかったよ

最近はかなり暑くて日差しも強くなってきました。
個人的には旧暦と新暦の違いを学んで「ほぉー」と思って、次の秋分の日が楽しみなっていたりします。

が、多分そのころにはもう忘れて次のことに夢中になっているであろうお年頃です。

そんな私が紹介するのは、少し前に使っていた日焼け止めです。
先日はこちらのページで最新の日焼け止めを紹介したのですが、今日は昔からあるタイプの日焼け止めです。

トワニー UVサンプロテクターt

UV対策に、カネボウから出ているトワニーの「UVサンプロテクターt」を使ったことがあります。なかなか良かったので、今日はこれをレビューしていきます。

容器には日焼け止め乳液と書いてありますがテクスチャーはほぼクリームで、シャカシャカ振る手間もいらず、すぐに塗ることが出来ます。ここ、働く女子には重要です。

あと、最後に「t」ってあるんですが、これ、打ち間違いじゃないです。
なんで最後にtがつくかはまったくもって分からないんですが、今度機会があったらBAさんに聞いてみようかなくらいには思っています。

それでは、気になる内容の方を…

SPF50+、PA++++なのに1日中全く乾燥しません。
化粧下地代わりに4重塗りと、その時はガッツリ使っていましたが、ファンデがよれたり化粧崩れの心配もなかったです。

肝心の効果も抜群で、焼けないうえに紫外線による湿疹やかゆみも起きないです。毎日4重塗りってけっこうスゴイ気がするのですが、それで3ヶ月はもつのでコスパもいい感じなのが嬉しかったアイテムです。60gと、他に比べたら量が多目だからだと思います。それで3500円だから、高くない買い物です。

容器もかわいい!

さすが大手カネボウです。
全体的にはシンプルな白、シルバーのキャップと洗練されている感じです。右下からふわふわと出てくる植物のような飾りもエレガント。

成分がよくても、パッケージがダサかったりするとテンション下がるタイプです。
トイレとか化粧室で、あんまり可愛くないのって出したくなく無いですか?

こんまりちゃんじゃないけれど、常にトキメクものだけに囲まれていたいというか…。分かりますよね、この乙女心!

…といいつつも、最近はポーチを変えたくなってきたのにまだ変えてない私なんですけどね。

日焼け止めって、安いものだとあんまりパッケージが可愛くないものが多いからこれは助かります。

で、今は何使ってんの?

と突っ込まれそうですが、日焼け止めに関してはかなり研究しました。
前の雪肌ドロップしかりですが、これは+αなんで、顔にはアレをつけています。てか、使ってからまだ1年も経っていないので、ちゃんといいものか分かってから報告します。

イプサの化粧品とクレンジング

シンプルなパッケージとはっきりとした白と紺の色の組み合わせが、個人的には気に入っている、イプサ。

今日は、そのイプサの化粧水とクレンジングについて紹介します。

イプサの化粧水

イプサのスキンケアは、基本メタボライザーをオススメされます。
メタボライザーというのは、化粧水と乳液が一本のです。

ただ、それだけだと乾燥が…という人もいます。

イプサの化粧品カウンターにいけば、最初はサンプルを貰うこともできるかと思います。
敏感な人だと、つかった次の日に、使用感の良さにびっくりして思わずその日に正規品をゲットしたという声もあります。

用2ヶ月で肌の水分量が25から57になったという口コミもあるからすごいです。ただ、もともとの水分量が25というのはかなり低いですよね。

保水力抜群なのに、テクスチャーがべたばたしているということはありません。夏もOKで、お値段も4000円です。200ミリリット入っているので、2ヶ月くらいは持つのでオススメです。

IPSAのクレンジングジェルで乾燥肌とサヨナラ

乾燥しがちで、外気が乾燥してくると粉を吹くこともある状態だと、なかなか辛いです。
ですが、IPSAのクレンジングジェルによってその状況を救われたことがあるという体験談をみたことがあります。

なかなか乾燥が収まらない時には、肌に栄養や水分、油分をたくさん補給しまくっても一向に解決しない場合には、与えるよりも奪わないケアがよいのかもしれません。

天然オイルや皮膚科医が開発した敏感肌用拭き取りクレンジングなどの刺激が低いアイテムもあります。

たまたま百貨店で立ち寄ったIPSAでこの

撫でても摩擦を起こさずに、もっちりとした厚みのある使用感のあるクレンジングだと思います。
洗い上がりや冬場も乾燥しにくい、乾燥肌とサヨナラできたという口コミもあります。

この化粧水とクレンジングで乾燥知らずになれると良いですよね。
素晴らしいアイテムに出会えるといいですよね。

イプサ30周年

イプサは、今年で30周年なんです。
30年も続くなんて、すごいですね…。

2016年7月31日までは、トライ!美白キャンペーンもやっています。

これから夏真っ盛り。
紫外線も強力になってくるし、クーラーとかの冷房で肌の内側は乾燥しちゃったりもします。

それぞれ、個人にあう化粧水や乳液をみつけて夏が終わってもしっとりとした美肌をキープしていきたいですね。

花火大会やプール、バーベキューなんかのイベントも目白押しになってきます。楽しみますよ。

フルーツ青汁にハマり中。青汁マズイは前時代!

最近ハマっているものがあります。
それが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁という青汁です。

ゲンキングも飲んでいるというのが衝撃的ではじめたのですが、コレがなかなか良い感じなのです。

青汁は、ダイエット目的で始める人もいれば健康のために、といって始める人もいますよね。

私は、どちらかといえば後者のタイプ。
ダイエットする必要は、もうあまり感じないのです。

でも、より美しい肌を目指すためには野菜や栄養をたらふくとるのが重要だと思ってはじめました。

青汁はマズいというのは前時代!

一時期は、「まずい、もう一杯」なんて言葉も流行りました。良薬口に苦しではないですが、青汁はマズイものという認識が多かった時代もあります。

でも、そんなのはもう古いんです。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の美味しさ

最近の青汁って、かなりおいしくなっている感じです。
フルーツもたっぷりと使ってることもあると思うのですが、「うえー」となることなく、フルーティな感じですいすい飲めるという口コミが本当に多いです。

テレビや雑誌、広告なんかでも色んな青汁の紹介がありますが、美味しく飲みたいならやっぱりめちゃフル青汁かなと思います。

食物繊維たっぷりだから、便秘対策にもなる!

なんとなく、男性よりも女性のほうが便秘に悩む人って多い気がします。

筋肉量の違いもありますが、個人的な感覚としては生理とかも関係してるんじゃないかと思っています。

生理前って、便秘になりやすくないですか?
少し調べたのですが、やっぱりそう思っている人は多いみたいです。

そしてそれにも理由があるって。
生理前は、色々と溜め込みやすくなるから、自然と便秘にもなりやすいというらしいんです。

ただでさえ、PMSとかで気持ちがすっきりしない時なのに、女子は色々大変ですよね。

でも、そんな生理前でも、体調がよかったら便秘にはなりません。

食物繊維をしっかり摂取したり、普段からお腹の筋肉を鍛えていたり、毎朝トイレの時間をきちんと取るとか、そういう事が重要なんですよね。

あと、朝ごはんは食べ過ぎないほうが便通はよくなります。

食べ過ぎると、お腹が消化の方ばかりに意識が行ってしまうからなんですよね。

今まで朝ごはんをしっかり食べていた人なら、朝をめっちゃたっぷりフルーツ青汁にするだけで便通がよくなることもあるかもしれません。

私自身、朝ごはんは食べなかったり青汁とか酵素ドリンクに買えた方が、便通だけでなくて体調も良くなりました。

固定観念にとらわれず、色々とためしてみると良いかもしれないです。

雪肌ドロップと併用で安心!紫外線完全攻略

雪肌ドロップと一緒に使えばさらに安心できる紫外線対策として、日焼け止めクリーム以外のアイテムを紹介しています。

■雪肌ドロップって何?という人は

オススメの併用アイテムの前に、そもそも「雪肌ドロップって何?」という人もいるかもしれません。そういう人は、下記サイトに詳しいです。

日傘のアレコレ

1回目、2回目と続き、3回目に紹介するのは日傘です。
ちょっと昔だと、年配の方がさしているという印象もある日傘ですが、ココ数年で一気に10代が普通に使うアイテムになりました。

紫外線だけではなく、熱中症対策としても一目置かれています。
おまけに、女性だけでなく男性が日傘をさしている姿を見かけることもあり、企業側も男性向けの日傘を開発していたりしますよね。

UVカット率99%を超えたものや、機能性だけでなく生地の種類からデザインまで豊富な種類があります。かわいい商品もたくさんあるので、ファッションを楽しむように選べるのがいいですよね。

UVカット率は99%以上のものを!

どうせ日傘を買うのであれば、UVカット率が99%以上のものがよいです。

さらに極めたい人には、紫外線を100%カットする独自素材を使ったブランド・神戸ロサブランや国産ブランドのサンバリアなんかもオススメです。ただし、こだわればこだわった分だけ値段も高くなってしまいます。そこは財布と相談しながらうまく

折りたたみタイプや、上品に魅せれるものなど、色々使い分けて楽しめると面白いですよね。

裏側がシルバー加工の日傘について

内側がシルバー色に加工されていて、UVカット率が90%以上との記載がある日傘ってありますよね。
見るからに効果がありそうなのですが、日差しの強い日にその日傘を使用すると、レフ板のようになってしまい、かえって眩しく感じてしまいます。

さらに、紫外線自体も跳ね返って、自分に降り注いでいる感じがします。せっかく値段が高めの日傘を購入したのに、少し残念だった経験があります。でも勿体無いので薄曇りの日には、その日傘を使っていた時もありますが、性能がよくておしゃれな日傘が増えてからは使っていません。

いかにも日傘さしています!という感じがあるし、こういう個人的な体験があるので、裏側がシルバーの日傘はあまりオススメできません。

軽さで選ぶなら、kiuの日傘もアリ!

夏場は、常に持ち運ぶものだから重いと面倒ですよね。
そういう時には、kiuの日傘がいいかもしれません。

kiuの日傘は折りたたみ傘で90gと携帯より軽いので持ち運びにとても便利です。
柄の部分が少し短いですが日差しの強い日に大活躍してくれます。日傘が重くて疲れてしまったり、日傘を持つことがおっくうで外出を控えていたら本末転倒です。

これは、日焼け止めにも言えることですよね。
日焼け止めを塗るのが面倒でストレスになるくらいなら、やっぱり雪肌ドロップのような飲む日焼け止めを賢く使うのがいいと思います。

クレド・ポーボーテの化粧水と乳液

今日は、資生堂のクレド・ポーボーテの化粧水と乳液を書いていくわ。

クレド・ポーボーテの化粧水と乳液

クレド・ポー・ボーテ、と聞くと、どんなイメージがあるかしら。

昔からある資生堂のブランド?
百貨店の高い化粧品?
海外のブランドだと思っている人もいるんじゃないかしら?(少なくとも、幼い頃の私はそう思っていたわ)

クレド・ポーボーテとの出会い

私は、20代前半で祖母が亡くなり、遺品として残っていたものを使用したのがきっかけで使っているわ。

今となっては、自分で働くようになったから色々なコスメを試すのが趣味のようなものだけれど。

当時はまだ学生時代、ドラッグストアで売っている化粧品も使っていたのですわ。

20代前半、肌もキレイで特に問題もなかったわ。でも、母が手に取り適当にパタパタつけてくれた次の日の朝、顔を洗っていた際に、肌があまりにも違ったの。

さすが資生堂、との想いを抱いた瞬間だったわ。手触りがつるつるとしていて、毛穴も目立たなくなって。

その後メイクをすると、ノリも良くて二重の驚きがあったのは懐かしい思い出よ。

回し者のようだけれど、使用後一週間はその状態が続いたため自分で購入しました。

金額は一万円。
学生の私にとってはかなり高い買い物だったけれど、若いうちからしっかり手入れをしておいた方がいいと母が言っていたこともあって購入したの。

そして、今は浮気症の私も三年くらいは、このクレド・ポー・ボーテの化粧水と乳液を愛用していたわ。

今はハイブランド系からプチプラ系まで、気になったものを色々試せるようになったけれど、同年代の友達と比べると、ほうれい線や目じりのしわ、しみ、毛穴も目立たず、高校生みたいにきれいな肌してるねと言ってくれるわ。

百貨店に専門店があり、たまにエステも行っているけれど、いいものよね。

昨日も書いたけれど、パッケージが洗練されているのもいいわよね。

無駄な装飾がなくて、安っぽくない。
コスメアイテムも、エレガントなフォルムとロゴで、化粧室で取り出す時もいい気分になれるの。

女子は、この「良い気分であること」というのが非常に重要なの。

エステもそうだけれど、自分の中の「オンナ」の部分を満足させてあげること。

それは同時に、艶やかな女になれる方法でもあるの。

努力や根性ばかりでは、女子は枯れてしまうものよ。

思い切りわがままに、時に大胆に、自らの感情や想いを開放できるといいわよね。

それが、魅力へとつながっていくから。