雪肌ドロップと併用で安心!紫外線完全攻略

雪肌ドロップと一緒に使えばさらに安心できる紫外線対策として、日焼け止めクリーム以外のアイテムを紹介しています。

■雪肌ドロップって何?という人は

オススメの併用アイテムの前に、そもそも「雪肌ドロップって何?」という人もいるかもしれません。そういう人は、下記サイトに詳しいです。

日傘のアレコレ

1回目、2回目と続き、3回目に紹介するのは日傘です。
ちょっと昔だと、年配の方がさしているという印象もある日傘ですが、ココ数年で一気に10代が普通に使うアイテムになりました。

紫外線だけではなく、熱中症対策としても一目置かれています。
おまけに、女性だけでなく男性が日傘をさしている姿を見かけることもあり、企業側も男性向けの日傘を開発していたりしますよね。

UVカット率99%を超えたものや、機能性だけでなく生地の種類からデザインまで豊富な種類があります。かわいい商品もたくさんあるので、ファッションを楽しむように選べるのがいいですよね。

UVカット率は99%以上のものを!

どうせ日傘を買うのであれば、UVカット率が99%以上のものがよいです。

さらに極めたい人には、紫外線を100%カットする独自素材を使ったブランド・神戸ロサブランや国産ブランドのサンバリアなんかもオススメです。ただし、こだわればこだわった分だけ値段も高くなってしまいます。そこは財布と相談しながらうまく

折りたたみタイプや、上品に魅せれるものなど、色々使い分けて楽しめると面白いですよね。

裏側がシルバー加工の日傘について

内側がシルバー色に加工されていて、UVカット率が90%以上との記載がある日傘ってありますよね。
見るからに効果がありそうなのですが、日差しの強い日にその日傘を使用すると、レフ板のようになってしまい、かえって眩しく感じてしまいます。

さらに、紫外線自体も跳ね返って、自分に降り注いでいる感じがします。せっかく値段が高めの日傘を購入したのに、少し残念だった経験があります。でも勿体無いので薄曇りの日には、その日傘を使っていた時もありますが、性能がよくておしゃれな日傘が増えてからは使っていません。

いかにも日傘さしています!という感じがあるし、こういう個人的な体験があるので、裏側がシルバーの日傘はあまりオススメできません。

軽さで選ぶなら、kiuの日傘もアリ!

夏場は、常に持ち運ぶものだから重いと面倒ですよね。
そういう時には、kiuの日傘がいいかもしれません。

kiuの日傘は折りたたみ傘で90gと携帯より軽いので持ち運びにとても便利です。
柄の部分が少し短いですが日差しの強い日に大活躍してくれます。日傘が重くて疲れてしまったり、日傘を持つことがおっくうで外出を控えていたら本末転倒です。

これは、日焼け止めにも言えることですよね。
日焼け止めを塗るのが面倒でストレスになるくらいなら、やっぱり雪肌ドロップのような飲む日焼け止めを賢く使うのがいいと思います。