カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

アルビオンで試したもの色々

9月になって、だいぶ紫外線も落ち着いてきた感じですよね。
でも秋って、ちょっと気を抜くと空気の乾燥やストレス、季節の変わり目ということもあって肌がごわついてしまうこともあります。

そんな今日は、アルビオンのスキンケアアイテムで過去使ったものを色々紹介していきます。

アルビオンの美容液・エフラクチュール

これは、肌の調子がよくない時期に使ったのですが、アルビオンの美容液・エフラクチュールを使ってから、超上がりました。

通常の美容液と違って、洗顔後、化粧水や乳液の前につけるんです。でも、それらを使う前にしっかりすり込んでおくと、その後の化粧水や乳液の浸透がアップする感じです。

もちもち&すべすべになりって、お値段は 60mlで14,000円。
え、結構お高いけれど、ベースメイクののりも、気分まで上がるのでそれだけの価値は十分アリ。

つけるたびに「肌よ柔らかくな~れ~」と念じながらお肌にすり込んでいます(端から見ると、ちょっと怖い?)

肌って、調子がよくないとひどい時には、肌を触って「これが私の肌か・・・」と暗い気持ちになってしまいますよね。

女性にとって、肌状態って本当に大切です。

アルビオン ハーバルオイル ゴールド

ゴワゴワして化粧ノリも悪いとき、湯船につかりながらこのハーバルオイルでマッサージとオイルパックします。

普段通り洗顔後に3滴、フェイスにやさしく塗ってくるくるとマッサージ。

湯船の湯気で温かいため、スムーズにマッサージできます。香りも高級感のある香りでリラックス効果抜群。

気になる鼻の角栓が浮き出てくのが指先で分かることもあります。

マッサージ後はそのまま数分間放置。驚くほどっとりモッチモチ!そのままタオルドライでもいいのですが、オイルが気になるならお湯を使うのも大丈夫です。

値段的に、これも安くはない商品ですが使う量がほんの僅かなので、かなり長持ちし、コストパフォーマンスもいいと思える商品です。

アルビオン・エレガンスのブライトアップフォーム

超不器用でなので、洗顔には必須の泡立て作業が実はニガテ。
特に急いでいる朝は時間がないこともあり、イライラするときってないですか?

そんな時、実はアルビオン・エレガンスのブライトアップフォームは「救世主」的役割を果たしてくれます。

なんせポンプを押すだけで非常にきめ細かな泡が出てくるので、スキンケア時間が短くなります。

汚れはしっかり落ちるのに、うるおいは残してくれます、日焼け止め&パウダー程度の薄めのメイクであればこれで二度洗いすれば十分落ちるのでかなり便利です。

1ボトル(200ml)で4000円とちょっとお高いけれど、やっぱりコレも価値は十分アリです。

 

肌をキレイにするための青汁という選択。

今まであんまりテレビとか見なかったのですが、最近はちょっと見ています。

昨日、8月23日にみたのは「9」というテレビ番組です。去年は、DAIGOが100メートル走を走って話題に鳴っていましたが、あれからもう1年が立ったんですね…。

はや…!て思います。

今回は、波留さんがサプライズで登場してて、めっちゃかわいいですよね。毒舌ですがやっぱり可愛い。神木隆之介も登場しています。

見ていて、冷やし天丼が食べたくなった人も多そうだなぁと思います。

見ていると、やっぱりスタイルよくて肌がキレイというのは美人の条件だよなーとかって思います。

肌をキレイにするためにできること

で、思うのですが、肌と腸内環境ってやっぱり関係しているじゃないですか。よく「腸内細菌が」とか言われていますが、肌の状態は、なんでも腸の状態なんだとかいう人もいるから、(というかそうなのか!)、あながち無駄にできません。

そして、腸内環境をつくっているのはやっぱり普段毎日食べているものだったりしますよね。

そうなると、食物繊維をいっぱい食べなきゃとなります。

でも、なんか厚生労働省に指定されているような1日30品目とかって、普通に生活してたらやっぱり無理だと思うんですよね、毎日仕事とかたまには遊びたいしゆっくりもしたいし。

青汁で腸内環境を整える

で、色々と考えたのがコレです。

青汁を飲むことで腸内環境を整えたり、摂りきれない栄養分を摂取しようと言うヤツです。

でも、苦い、飲みにくいなど、なにかと味に対するマイナスイメージが先行してしまいます。 今では一杯飲まずには出掛けるなんてころもない人でも、最初に青汁をはじめた当初は、苦い味との格闘があったなんて人もいます。

そんな人でも青汁をのんだ日の調子がすごくいい感じということもあります。 でも正直、そこまでつらい思いをしたら続けられない…と悩んでしまいますよね。いかに飲みやすい青汁に出会えるか、というのが、青汁を続けるためには必要なのかもしれません。

美味しい青汁が美肌へのキモ!

となると、やっぱりいかに美味しい青汁に出会えるかどうかが美肌へのキモなんじゃないかとすら思えてくるわけです。

まずくなくて気軽に続けられる青汁…魅力的です。

そうして見つけたのが、私の場合はゲンキングの青汁だったという話です。

ゲンキング、あの子すごいですよね。
なんか肌とかお洒落とかもそうですが、なんというか生命力強いな…みたいな。

最近ちょっと弱っていたので、あの生命力に肖りたいというのが1番の魂胆なのかもしれません。

最近の押しニキビケアはコレ!もう少しで値上がりぽい

顔にひとつでもポツッとできると気になってしまうニキビ。

普段はできなくても、生理前になると2−3個できてしまったり、触ると痛い真っ赤に赤く腫れ上がったニキビが出来てしまう…という人も多いと思います。

食べ物やスキンケア、毎日の食生活なんかに気をつけていても、生理前はホルモンの関係でどうしてもできやすくなってしまう、ということもありますよね。

今日は、そんなニキビケアアイテムを紹介します。実際の成分や口コミなんかを交えながら紹介していくので、コレ!というのがあったら試してみるのもひとつの手です。

悩んでいるだけでは始まらないので、いいのが見つかるといいですよね。

うる落ち水クレンジング

うる落ち水クレンジングで、バッチリメイクもしっかり落とせます。濡らす前の肌に、素手またはコットンにたっぷりむくませて優しく撫でるように落とします。

水クレンジングは、さらさらな肌触りで、オイルやリキッドみたいにべたつきません。メイクにもなじみ、メイクした目元や口元、ウォータープルーフもマスカラやアイシャドウも力を入れずに落とすことが出来ます。

しかも、ダブル洗顔不要なので、スキンケアも楽です。

もともとニキビ肌だった人が、このうる落ちクレンジングに代えてからよくあんって、乾燥しがちだったのが改善したとのクチコミもあります。

オイルだと、たくさんの油分がトレて逆に乾燥してしまうこともありますが、水クレンジングはメイクだけをとる感じがします。さっぱりだけど、しっとりした肌触りになります。

エクラシャルム

去年?発売された、いま人気のニキビケアアイテムです。
思春期ニキビから大人ニキビまでに対応していて、いろんな成分が無添加というのも個人的には気に入っています。

やっぱり、どんなスキンケアアイテムや化粧品を使うにしても成分が良くなければ話になりません。

エクラシャルムは無添加で、かつ医薬部外品なのが安心です。
無添加といっても、最近はよく分からない無添加もたくさんあるのですが、エクラシャルムは鉱物油、着色料、パラベン、合成香料、アルコールを使っていません。

あと、値段がかなり安いのが気に入っています。

というか、モノにこだわっているせいなのか、単品だとめちゃ高いです。9800円とかちょっと気軽にお試しできない値段なのですが、毎月300人だけは90%オフの980円になっています。

なんでも、この値段はもう少しで終わってしまうこともあるみたいなので、気になる人はチェックしてみてくださいね。