カテゴリー別アーカイブ: ファッション

着物を将来的にどうするか問題。お金に代える選択肢

実は家に、何枚もの着物を所持しています。

高級なものではありませんが、母親が着付けの免状を持っており和服好きで、何かあると私や妹に着物を買い与えてくれました。

私自身も着物は嫌いではありません。
しかし着付けを習うほどの時間はこれまでなく…

必要があれば母親に着せてもらう、という日々を送ってきました。

しかし、その母親も、まもなく70歳。
今はまだ元気でピンピンしていますが、いつかは老いて、着付けと言うわけにはいかなくなるかと思います。
着物を着る機会も減るでしょう。

素敵な着物の着こなしがしたい

2008年頃、テレビドラマ「おせん」で蒼井優さんが色々な着物を着こなしていました。どれも可愛らしいものばかり。

着物を美しく着こなしている女優さんはいますが、こんなに愛らしく着物を着こなしている女優さんを見たのは初めてで。

蒼井優さんといえば、新作の塚本晋也監督の時代劇映画「斬、」も楽しみです。ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品するみたいで、着物姿も着たいが高まります。

どこか大正ロマンか昭和初期の雰囲気で、ノスタルジックなものばかり。雰囲気ある蒼井優さんにしっくりと似合っていました。髪の結い方も、昭和モダンといった感じでした。

着物柄は大きな格子や大胆な花柄などで、色味も青や赤など原色に近い色合いなので、本当に昔の日本にタイムスリップしたような感じなのですが、それがとても蒼井優さんに似合うのです。

蒼井優さんの古風な可愛らしさを、いっそうと引き立ててくれる着物でした。

だがしかし…。
現実問題、着ない着物をどうするか

子供や親戚にも着物を普段から切る人がいないため、こ着物を、将来的にどう処分するのかも考えなくてはなりません。

自分で着ることができるように、少しずつ勉強する予定ではいます。母が元気なうちに覚えることが出来ればいいのですが…。
箪笥に2つ分もある着物。

無駄にせず大事にしていくためにどうするか。

…と考えていたら、坂上忍さんのCMが目に入りました。今は着物や和服の宅配買取もあるのですね。

査定は無料なので、申し込もうか迷っています。

>>バイセル着物買取の口コミ評判