カテゴリー別アーカイブ: 未分類

シュウウエムラのクレンジングオイルとダブル洗顔への思い

今日はご存知、シュウウエムラのクレンジングオイルを紹介するわ。

きっと途中から、いつものように話がそれると思うわ。
ごめんあそばせ。

でも、それた話でさえが美味しくなるように書いているわ。

シュウウエムラのクレンジングオイル

今はこんな感じでブログ書いているけれど、私でも数年前にニキビで悩んでいた頃があったの。

その時に、クレンジングを見なおそうと思ったの。
例によって、このシュウウエムラのクレンジングオイルは、美容マニアの友人に勧められて使ったわ。

実際のところ、半信半疑だったのだけれど。
でも、やっぱりさすがは私の友人ですことよ。ニキビが治り始めたの。

肌の汚れがしっかり落ちるのか、美顔器でさえ堕ちない汚れもキレイになっている気がするわ。

もちろん、その美顔器も良くないと思って即効捨てたわ。
美顔器だって、いつも新しいアイテムが出ているんですもの。クレンジングやコスメみたいに、色々と試したくなってよ。

毛穴もがだんだんと目立たなくなったの。
ダブル洗顔が要らないから、洗顔フォームを使わなくていいのも楽。時短というやつかと当時は思ったのだけれど、コレ依頼ダブル洗顔はしていないわ。

ダブル洗顔についての私の思い

もはや、ダブル洗顔なんてナンセンス。
いまだこの時期に2回も洗顔している人なんているのかしら。時間がもったいなくてよ。

それだけじゃないの。
2回も顔を洗うなんて、自家製の超高級オイルを削ぎとっているようなものよ。

超高級オイルというのは、もちろん自らの顔から出てくる皮脂のことよ。これ以上に高級でオーガニックで自分の肌質にあったものはなくてよ。

これを生かさずして、どんな美容ケアも成立しないと思ってちょうだい。

自家製超高級オイルを生かしてこその、美肌と肌ケアと心得てよ。

あら、美顔器何個も使っておいて、色々とコスメも使っておいてどの口がたたくの?とお思いかしら?

勝手に思っていてちょうだい。

私は自由なの。
その時その時で、気分で言うことが違ってもいいじゃない。それがオンナってものよ。

いつも一貫性のある言葉だけを貫くなんて、ヤボだわ。男じゃあ、あるまいし。

オンナの気持ちは、いつも儚げで映りげのあるものなの。

だから、世の中こんなにもいろんなブランドのコスメで溢れているのでなくて?

使われるのではなくて、こっちが選んでやるの。
飽きたらおしまい。

男もこれでいいのかもね。

あら、真剣になりすぎないで。
これくらいの気軽さで、自由さでちょうどいいの。

日本女性よ。
もっと、花飛ばしていきましょうよ。

風に吹かれて、恋。ロクシタンのヴァーベナに思う。

ロクシタンのヴァーベナシリーズは、数年前に「風に吹かれて、恋」なんていう素敵なコピーがあったけれど、あれは冴えていると思ったわ。

南フランス・プロヴァンス発のヴァーベナの爽やかな香りとともに、新たな恋の予感を思わせる秀逸でキャッチーな文字に、思わず買ってしまったわ。

アニヴァーサリーヴァーベナ

そのロクシタンから、今年は40周年の「アニヴァーサリーヴァーベナ」が出ているの。40年も続いていたのね。知らなかったわ。

オードトワレはもちろん、アウトドアミストやハンドジェルなんかがあるけれど、私がかったのは勿論オードトワレよ。

蒸し暑い梅雨時には、かなりすっきりさわやかな香りでリフレッシュできるの。

でも、「風に吹かれて、恋」のように、 残念ながら今は新しい恋は望んでいないわ。最愛の彼がいるから。今は、彼との愛を深めていきたいの。

女性は、愛されてこそ真の美しさを発揮できてよ。
愛して追いかけてなんて、遊びで十分。

仕事なんて、適当にやるの。
なんなら、職場の男性に頼っちゃいなさいよ。
(あなたの虜になるかもしれないから。

しゃにむにやって、オンナを枯らしてはダメ。
自分で自分に、潤いを与えるの。蜜を与えるの。

さすればオスは、アナタの蜜に惹かれてやってくるってものよ。
おいしくない枯れたオンナは要らないの。

オンナの蜜は、自分で作れるのよ。
オンナ、からしちゃダメよ。

話を戻すわ。
でも、このブログでは脱線するのは当然なことよ。オンナは、色々動いていいのよ。移り気がある位のほうが、可愛らしくてよ。

で、このヴァーベナって、恋のハーブとも呼ばれているの。
むかしむかし、まだ魔女がまことしやかに語られていた時代には、恋の媚薬としても使われていたそうなの。

たしかに、甘くて爽やかな香りは殿方も喜びそうですわよね。
ローズのように、ひたすらに甘い香りでもないから、どこかレモンのような柑橘さを漂わせているから、誰からも好印象を受けそう。

まるで私のようだわ。

というちょっと痛いことを言ってみたくなったりもするの。
いいじゃない、趣味で書いているブログなんだから。

でも、誰からも好かれるなんてあり得なくてよ。
好かれたいとは思うけれど、嫌われることはあるの。仕方のないこと。
その毅然とした生き方が、あなたの美しさを目覚めさせてくれるわ。

安っぽいオンナになりたいのなら、誰にでも好かれるヒトを目指せばいいわ。
でも、替えの効かない唯一無二のオンナになりたいのであれば、自分を生きなさい。

私が言えるのはそれだけよ。
嫌われてもいいの。
好かれたいと思ってもいいの。

自分を、生き切るの。

バーバーリーのアイカラーが便利!

このブログ、まだ数記事しか書いてないのに意外と人気みたいなの。
目立つのかしらね、この口調。

でも、気にせず続けるわ。

今日紹介するのは、ペンシル型のバーバリーのアイカラー。
バーバリーって、あのバーバーリーチェックとも言われているマフラーで有名な、イギリスのファッションブランドよ。

バーバリー アイカラーコントゥア

メイクも出してるのよ。
バーバーリービューティボックス。

ご存知ないかもしれないけれど、なかなかセクシーなブランドなの。
シャネルやプラダとかのハイブランド系の私は何が1番好きかって、何と言ってもそのパッケージなの。

騒ぎすぎず、安っぽいことはなくて洗練されたフォルムとデザイン。
少ない色合いと絶妙なデザインのバランスは、やっぱり廃れることのないハイブランドのセンスは絶対的なものがあるわ。

でも、プチプラにはプチプラの可愛さや騒々しさがあって、いいと思うの。要は使い分けの話。思い切り、流行りを楽しみたかったり騒ぎたい時にはプチプラだって楽しむわ。自由なの。

バーバリーのコスメラインは、パッケージにはモダンはあのチェック柄とBURBERRYの文字が刻印されているの。基本はモノトーンのシックなものよ。

とにかく、ハイブランドはこの洗練された容器が素敵よね。
パウダーにハートが描かれていたりと、コンパクトを開けた時、美しい鏡にうつった自分にうっとりするなんて、美ヂカラ上げてくれると思わなくて?

自分が自分に酔わなくて、誰がその美しさを見つけてくれるのかしら?
寂しいこと言ってるんじゃないわよ、自分で自分を認められなくて、誰が愛してくれるのかっていってるの。

自分の頑張りは自分が一番良く知っているのだから、褒めてあげないと、そのうち自分に愛想つかされるわよ?

…失礼、またいつものお説教モードになってしまったわ。
とにかく、女子は自分で自分の美しさを見つけていくの。醜さと一緒にね。

いいじゃない。
醜さは、セクシーで可愛いのよ。
否定しなくてもいいの。

話を戻すわ。
今使っているのが、このバーバーリーから出ているアイカラーコントゥア。

私はパール系のブラウンを使っているわ。
ペンタイプだから持ち運びに便利なの。

使用感は、リピ確ではないのだけれど、まあまあ気に入っててよ。
普通に、崩れにくくて長持ちするわ。

バーバリーコレクションのランウェイに盈虚湯を受けて作られたって所も気に入っているの。洒落てると思わなくて?

コスメって、意外とかさばったりするわよね。
私はそこ、割とシンプルにいきたいと思っているわ。家にはキレイなメイクボックスがあるのだけれど、持ち運ぶアイテムは必要最低限で。ポーチが散らかっているのも、美しくなくてよ。私の美学に反するの。

美容は目からも楽しまなくては。これから買うアイテムよ。

コスメって、何を使うか迷いません?
私はけっこう色々と試してきました。というか、常に色々試しています。

途中で使用感がイマイチだったものや合わなかったものは、身近な人にあげたりしちゃいます。

だって、自分には合わないと分かっているのに使い続けるのはイヤだから。

勿体無いとか言われますが、それが私の流儀なので気にしてないですの。

さらに言えば、微妙だと分かったのに、微妙なものを使い続けるほうが精神性衛生上よくなくて?

美容には、食べるものや使うもの、ケアが大切なんて誰でも知っててよ。

でもね、一番大事なのって「ストレス」だったりするの。恨みつらみで生きている人って、美しいと思います?

ま、そのあたりは精神世界に入ると思うので、センスない人は分からないと思うのであんまりこのブログでは書かなくてよ。

最近気になっているアイテム

ということで、私は化粧品の成分にはそこまで神経質になっていませんの。

大切なのは、どこまでいっても自分の気持ちですもの。合成界面活性剤が…とか、天然成分が…とかって、気にし過ぎるとそれがストレスになってしまうもの。

さすればそれは、本末転倒ってとこじゃないかしら?

まぁ、私の友達には、超ナチュラル派な美人さんもいますわ。メイクは完全ノンケミカル、手作りとかもしているわ。湯シャンとかもしていて、基本スキンケアは何もしていないんだとか。

でも、日焼け止めにだけはひたすらうるさかったわ。日焼け止めなら、彼女に聞けば安心って感じだけれど、私は自分が気になったのも使う主義よ。

私はバリバリにケミカルなのも好きなんだけれど、彼女とは仲良しなの。色々あって、いいじゃないと思って。

他をすべて排除する思考こそ、美しさが廃れるというものでなくて?

人はどうあれ、自分を高くもっていればいいの。どうせ女子は美人なんだから。

気になるアイテム

前置きが長くなってしまったわ。
タイトルに書いた、気になるアイテムを紹介していきますわ。

エビータ ビューティホイップソープ

これは、大手コスメメーカー、カネボウの「エビータ」から出る新アイテム。

何が気になるかって?

エビータって、エイジングケアブランドなの。
でも、私が気に入っているのはそんなとこではなくてよ。

その泡なの。

泡立ちがいい?
汚れがしっかり落ちる?
キメ細かい泡が?

いいえ、そんなのどうでもよくてよ。

私が気になっているのは、その泡のカタチなの。
まさかの前代未聞の泡なんですの。

あらやだ、ちょっとためてしまったけれど、お伝えするわね。

その泡って、なんでも薔薇のカタチをしているの。プッシュしたら、ローズの香りとともに薔薇のお花が出てくるなんて、なんとも美しくなくて?

気に入ったのはそこだけよ。
でも、エビータビューティホイップソープ。
薔薇の泡。楽しそうじゃなくて?
発売したら買ってみるわ。